メールマガジンバックナンバー

 

 

今回は独り言です。勉強のアドバイスについて。

 

 

今回は、独り言です。

独り言ですので、とばしてもらってかまいません。

こうしてインターネットでお話している内容はそのときその時で言っていることが違っていることがあります。

メールアドバイスのときはもっと違います。

そもそもふだんから言っていることが、普通言われていることと反対のことを言っていることが多いのです。

みんなが褒めることは良いことだと言っているのに、褒めてはいけないと主張しているのは典型的な例です。

そしてふだん「ほめてはいけない」と言っているのに、個別のメールアドバイスでは、「いっぱい褒めてください」と言うこともあります。

その時、その時の状況によって違うのです。

みんな一様に「こうしたらいい」というわけにはいきません。

計算得意な子に、問題のたびにいちいち分配法則の説明をする必要はなく、
さっさと式を書いて見せればストレスなく次の説明に進めます。

計算苦手な子に、さっさと式を書いて次の説明をしたら、チンプンカンプンのまま「やっぱ計算ってわけわかんないなあ」という印象しか残しません。

だから言うことがその時によってバラバラなんです。

しかも

やれば出来る子はやれば出来る子とか、効率の悪い勉強をいっぱいやりましょうとかトイレの前に景色を見るとか

意味不明なことばかり。

今度はですね、

今日の夕ご飯を・・・・・。とか

今日はテレビを・・・・・。とか

今日は帰ったら・・・・・・・・・などという

とんでもないことを言うと思います。

とてもバカ馬鹿しいと思われるとおもわれますが、よろしければお付き合いのほどお願いいたします。

今回は以上です。
誤字脱字文法誤用お許しください。

 



 

 

Copyright(c) 2014 Fukurounomori. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com